民事再生という手段は住宅ローン等もある多重債務の問題に悩む利用者をターゲットに住んでいる家を維持しつつも金銭的にやり直すための法的機関を通した債務整理の選択肢として平成12年11月に適用された法律です。民事再生には、破産申告のように免責不許可となる要件はありませんので、賭け事などで借りた場合でも申請は選択可能ですし破産申請をすれば業務禁止になる可能性があるポストで生計を立てている場合などでも手続きは検討可能です。自己破産制度では、住居を残しておくことはできませんし任意整理等では、圧縮した元金を返済していくことが要求されますので、住宅のためのローンも払いながら支払うことは現実として困難だと思われます。ただ、民事再生による処理を選ぶことができれば、住宅のローンを別とした負債については十分な金額を圧縮することができますので余裕をもって住宅ローンを払い続けながら残りの負債を返済し続けることも可能ということなのです。ただし、民事再生による整理は任意整理による手続きや特定調停とは異なって特定の借り入れを除き手続きを行うことは許されていませんし自己破産においてのように借り入れ金自体がなくなってしまうわけでもありません。さらに、他の処理に比べある程度手間が必要ですので、住宅ローンなどを組んでいて住んでいる家を維持していきたいような場合等を除外して自己破産等の他の解決策がない時だけのあまり優先したくない解決方法とみなした方がいいと思います。